読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新人マネージャー奮闘記

新人マネージャーがあくせくしています。

太陽の力で生活する日々

このニュースは非常にどきどきしました。

wired.jp

 

太陽光発電って、非効率って皆さんご存知ですか?

 

太陽光発電で、電気屋からすると邪魔でしかなくてですね。なぜなら電圧一定にできないからなんですよ。

晴れた日に太陽光発電の発電量が増えると、火力発電や水力発電の発電量を調整して発電量を一定するわけですよ。そうなると当然、火力発電の効率は落ちます。非効率です。

だから原子力とかの議論がワンサイドゲームにならないのです。

だからもんじゅを諦められないのです。

 

言い換えれば人類は、太陽の力を電気に変えることはできるけど、エネルギーの複雑なシステムの中に太陽光発電をまだ組み込めてないのですよ。

 

上記のニュースが本当なら全てを変える可能性があります。

なぜなら、いつでも好きなタイミングで発電できるようになるからです。

 

砂漠で大量にエタノールを作り、日本で発電するとか、夏場に大量に作ったエタノールで冬場の電力を乗り切るとかができるようになります。

 

そうなるとエネルギー問題は解決です。

そういったニュースは、嘘も多いけどまだ僕はどきどきしながらニュースを読みます。