読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新人マネージャー奮闘記

新人マネージャーがあくせくしています。

マネージャーのやりがい

マネージャーって、多く人はなりたくてなるものではなく、

お金をもっともらうためやもっと上の役職になるためステップだったりします。

 

多く人の手段としてマネージャーとしてなりますが、

マネージャーの仕事のやりがいって何なんでしょう?

 

多くのマネージャーは自分よりも能力が低い人をマネージメントします。

これは人事制度上、プレイヤーとして活躍した人がマネージャーとなる会社が多いためです。少なくても日本の会社は。

 

そうなると、自分が直接仕事をした方が早い気がしてきますが、これはよくある(そしてよく指摘される)間違いの一つですね。

 

多くのマネージャーは、部下の生産性がもう少し上がってくれないかと悩みます。

結局、プレイヤーとして働いたほうが仕事のやりがいはあるんじゃないか?

 

もちろんマネージャーにもやりがいはあります。

マネージャーは、プレイヤーとしては働くよりも多くの成果を得られます。

プレイヤーとしては到達できる地点よりももうちょっと先まで進むことができます。

 

産業革命から一世紀以上立ち、より社会は複雑になってきました。

今の時代にエジソンが生まれても発明王にはなれないでしょう。

社会が求めているのは、一人の天才よりも天才的なチームです。

そしてそのためには良いマネージャーが必要です。

 

マネージャーはひょっとしたらプレイヤーよりもストレスフルかもしれません。

でもマネージャーだから得られるやりがいも確かにあります。