新人マネージャー奮闘記

新人マネージャーがあくせくしています。

新しい知識に出会う場としての本屋の魅力

休みの日は、本屋に行くことが多い。

最近は、kindleで買うことが多いがそれでも本屋に行く。

 

本屋に行くと新しい知識に出会うことができる。

あ、それだ!といった発見がある。

 

本屋で新しい知識に出会うには少しコツがある。

 

本屋にいったら自分が興味のある棚をばかり見てはいけない。

興味のある分野の本は、読んだことがあったり、内容を想像できたりするはずだ。

 

興味のある棚を一通り見終わったら、隣の棚を見てみよう。

余程大きい本屋でない限り数歩歩けば隣の棚にたどり着く。

 

そうすると、読んだことのない本や内容を想像できない本が増えてくる。

中には、自分にとって新鮮でかつ興味をそそるテーマがあるかもしれない。

 

例えば、ある知識に興味を持っている人がいる。

その人はいろいろ調べて行くうちに、とある課題にぶつかる。

調べても調べても解決できない。

その課題を解決するのは別の分野の知識だったりする 。

 

インターネットでの調べ物はフォーカスしすぎる。

フォーカスしすぎて隣の棚が見えづらい。

ブラウジング環境としての本屋はもっと再評価されるべきだと思う。

(一方で、残念なところは、この優位性をマネタイズする方法が少ないところだ)

 

仕事で悩んでいる人がいたら、是非に本屋に行って欲しい。

ひょっとしたら解決するきっかけになるかもしれない。

 

 

夏休みとともに物語が始まり、少年が成長して夏が終わる。そんな小説。

夏休みとともに物語が始まり、少年が成長して夏が終わる。

暑苦しい夏の夜は、扇風機に当たりながら、そんな爽やかな小説を読みたい。

 

夏の庭

夏の庭―The Friends (新潮文庫)

夏の庭―The Friends (新潮文庫)

 

 

どの物語も主人公はちょっとしたきっかけからいつもとは違う世界に冒険に出かける。

 

夏の庭の場合、近所のおじいさんを観察し始めるのがきっかけだ。

 

主人公達3人は小学6年生。

主人公の「僕」は友人の祖母の葬式に出席したことをきっかけに「死」について考え始める。

そこで友達の河辺が近所のおじいさんが死ぬのを目撃しようと提案する。

 

主人公たちはおじいさんとの触れ合いを通して大人に成長していく。

 

ある意味王道だが王道故にとても安心し読めるし

読んだ後とてもさわやかな気持ちになれる。

 

 

キツネ山の夏休み

キツネ山の夏休み (ジョイ・ストリート)

キツネ山の夏休み (ジョイ・ストリート)

 

 夏休みに田舎に遊びに行くという僕の夏休み的な展開。

 

小学生4年生の弥が夏休みに田舎のおばあちゃんの家に遊びに行く。

そこで弥は、ちょっと不思議な少年に出会う。

 

元々、小学生の課題図書だが大人が読んでも面白い。

 

夏祭りやかき氷、稲荷神社。

昔からの夏が描かれていて、この本を読むとセミの鳴き声が聞こえる気がする。

 

ブレイブ・ストーリー

宮部みゆきの作品で映画になったので知ってる人も多い。

物語はまさに勇気の物語で、いろんな葛藤を乗り越えて物語が終わる。

 

小学生5年生のワタルがふとしたきっかけで異世界に入り、運命を変えるために冒険を始める。

 

宮部みゆきらしくシリアスな面や葛藤が多くあるが

重要なのは主人公が小学生で成長するということ。

 

最初から勇気を持っているわけではなく、

いろんなシーンを乗り越えることで勇気を身に着けていく。

 

初めてElectric Light Orchestraを聞く人におすすめする3曲

僕が大好きなELO!

ELOをCMやドラマでよく使われる「Mr.Blue Sky」や

「Twilight」「Xanadu」で知った人に

もっとELOが好きになる3曲です。

 

1.イントロのストリングが印象的な「Sweet Talkin' Woman」

 

youtu.be

イントロのストリングがめちゃめちゃかっこいい!

 

他にもヴォーコーダーが使われていたり、

1曲にアイディアを詰め込んでいます。

 

作曲者のジェフ・リンはビートルズが好きで、

いろんな要素を入れてくるけどリズムはシンプルだから

ポップソングとして聞けるんですよね。

 

2.イントロのリフがかっこいい「Ma Ma Ma Belle」

youtu.be

ELOはロックな曲がたくさんあります。

この曲はかっこいいギターリフから始まります。

そこからストリングスがギターに絡んでくるんですね。

 

ポップでロックでストリングスが絡まってくる、

ELOの特徴がよく表れた曲だと思います。

 

 

 

3.バラード「Wild West Hero」

youtu.be

ELOには素敵なバラードがたくさんあります。

その中でも僕のお気に入りはWild West Hero!

切ないイントロから始まり、盛り上がるBメロがあり、

サビのコーラスは感動的です。

 

バラードって何回も聞くと飽きるんですけど、

この曲はいろんな仕掛けがあって何回聞いても飽きません。

 

読書好きにiPadよりもkindleをお勧めする理由

読書が好きならiPadAndroidタブレットよりもkindleがいい。

kindleは読書しかできないけど、その分快適に読書ができる。

僕が好きな点は3点ある。

 

1.圧倒的に軽い端末

kindleは本当に軽い。

軽いから片手で読んでいても疲れない。

iPadをずっと片手で持っていると結構しんどい。

 

片手で読めるといろんなシーンで読書ができる。

例えば電車の中。片手ならつり革に掴まりながら本を読める。

あとはダラダラ横になって読むとき。両手だとポジションが固定されて楽な姿勢を取りづらい。

 

片手で操作できる重さだと一気に生活に溶け込むのでおすすめだ。

 

2.異様なほど長いバッテリー

バッテリーが長いと充電を気にしなくて楽なので良い。

例えばカバンに入れておいて、いざ取り出したらバッテリー切れというシーンが少なくなる。

 

そもそもタブレットは毎日使うものとは限らない。

僕は通勤鞄にkindleを入れておいて、気が乗ったときだけ電車の中で読む。

家に帰ってもいちいち鞄から取り出さない。

 

kindleは電子インクを利用しているのでほとんど紙の本と同じ扱いができる。

 

 

3.寝る前でも読める液晶

タブレットの液晶は明るいので寝る前は脳への刺激が強い。

寝る前に読書する人も多いと思うけど、kindleは電子インクなので、環境光のみで読書ができる。

部屋を少し暗くしてゆっくり読書するのはとてもリラックスした時間だ。

 

 

 

 

PDCAの回し方のコツ 「とりあえずやってみる」と「とりあえず試してみる」の違い

社会人になるとPDCAを回せとかよく言われますけど、

どうやって回すかはあまり教わりませんよね。

 

行動力がある人が陥りがちな罠が、

いろいろ行動するけど、Checkがうまくいかず

次の行動に生かされないというやつですね。

 

その場合、Checkをうまくやろうという意識になりがちなんですけど、

実はPlanが問題なんですよね。

 

Planを忘れてとりあえずやってみようになってしまっているので、

意識をとりあえず試してみようにするのが大切です。

 

試すというは、やってみると違くて

何を試すという明確な目標設定が必要です。

 

例えば、サイトの離脱率が下がるかとりあえず試してみようとか。

売上が上がるか試してみようとか。

 

そうすると自動的にCheckの項目が決まりますし、

事前にCheckで確認する項目を測定できるようにしておきますよね。

 

逆にCheck項目が決まっていたら、

Check項目に影響しないところは一旦手を抜いてもいいよねとか。

行動も楽できます。

 

「とりあえずやってみる」を「とりあえず試してみる」にすると

高速でPDCAを回せるようになるのでおすすめです。

 

PARKERでジェットストリームのインクを使う

僕は仕事のときは、PAKERのIMを使っている。

元々は、三菱のジェットストリームを使っていたけど、

友人からプレゼントされて使い始めた。

 

実はもらって1年間ぐらいは家の机の上に放置していた!

 

高そうなデザインはなんだかしっくりこない。

格式ばったものが苦手で、例えばパンクロッカーがPARKERのボールペンを使うのかという。

たぶんそもそも持ち歩かない。

PARKERは、銀行員とか弁護士のイメージ。

最近はジブリのサントラばかり聞いているが、気持ちはまだパンクロッカーの僕とPARKERは合わない。

 

そんなんであまり好きじゃなかったPARKERをひょっとしたことがきっかけで少し好きになった。

たまたまネットでパーカーの矢印がチャレンジな意味を持っていると知ったからだ。

アローサイン(矢印)はパーカーのシンボルマークであると同時に、行動力や方向性を示す力を表し、志を抱く人々の道しるべです

 

ちょうど大手からベンチャーに転職するタイミングだったなので、

いろいろ考えて選んでもらったのかなと思い使い始めた。

あと1年ぐらいホコリをかぶせて友人に悪かったし。

 

でも最初は使いづらかった。

PARKERのインクはでが悪いのだ。

いや、本来ボールペンというこういうものなのかもしれない。

ジェットストリームが素晴らしいすぎるのだ。

 

ジェットストリームは低粘度油性ボールペンという新しいジャンルを作った素晴らしいボールペンだ。

三菱グループとは関係ということで有名な三菱鉛筆が「油性ボールペンの短所をすべてつぶすこと」を目標として開発された。

ボールペンなのにヌルヌルした書き味が特徴で、ジェットストリームのあとを追いゼブラやぺんてるが新商品を発売し低粘度油性ボールペンというジャンルが確立された。

 

ジェットストリームはもちろん素晴らしいのが後発の各社の商品も同様に素晴らしい!

これは、課題を見つけるのは苦手だが、一度課題が見つかれば最高品質のものを作るという日本人の特性がボールペンによく現れたいい例だと思う。

 

話を戻すと、ジェットストリームのヌルヌルした書き味に慣れている僕としては、PARKERのインクQUICK FLOWは使いづらかった。

そんな時こんな便利な商品を見つけた。

 

インクはこち

※間違ったサイズを買うとはまらないので注意

 

このアドプターを使えばジェットストリームのインクをPARKERに使うことができる。

この商品を作ったのは、株式会社福島製作所という埼玉県の会社である。

設立は昭和は34年。2019年に設立から60周年になる。

 

元々金属加工を得意としているこの会社がどんなきっかけがあったか、

UNUS PRODUCT SERVICEというB2C向けのブランドを作り、2013年から商品を販売し始めた。

UNUS PRODUCT SERVICEは本来持っている企業サイトとは別にサイトとブランドを用意している。

技術者が多い会社はブランドを軽視しがちだが、なぜかこの会社はブランド構築にも力を入れているのが不思議なところだ。

それだけ力を入れているということなのかもしれない。

 

結局僕のPARKERは外側こそイギリスメーカーだが、

中身は三菱鉛筆と福島製作所という国内メーカーにすっかり置き換えられている。

毎日のように使うボールペンに愛着を持てるのはとてもうれしい。

 

マネージメントと育成

マネージメントと育成は全く別物だと気付きました。

 

育成は相手が求めていない場合はやる必要がありません。

相手が求めていないのにアドバイスをしても、プライドを傷つけモチベーションが下がるだけです。

 

マネージャーの仕事は、成果を出すことなのでメンバーの力量に合わせた仕事を振り、モチベーションのコントロールしましょう。

 

成長するには自己否定が必要です。

マネージャーになる人は自己否定ができる強い人がほとんどですが、多くの人は自己否定ができるほど成長意欲がありません。

 

成長意欲がない人に、間違ってアドバイスをすると、自己否定につながるだけで成長しません。

 

なのでフィードバックに止めるか、アドバイスまで踏み込むかは相手を見極める必要があります。